身体への負担を考えて選ぶ|洗いやすいものを選んだほうがいい|ベビー布団の選び方

洗いやすいものを選んだほうがいい|ベビー布団の選び方

乳児
このエントリーをはてなブックマークに追加

身体への負担を考えて選ぶ

水

安心して飲ませるために

ミルクに使う水や白湯など、赤ちゃんに飲ませる水は、赤ちゃんの身体に負担にならないものを選ぶことが大切です。水道水を使う時は、十分に煮沸してカルキや塩素を除去してから使いましょう。赤ちゃん用品のお店やインターネットなどで購入できる、調乳用と書かれた赤ちゃん用の商品は、加熱殺菌されているので沸かさなくても飲めて便利です。赤ちゃんの水で使われているピュアウォーターは、RO膜という逆浸透膜でろ過するという技術で作られていて、塩素やカルキ、雑菌など、様々な不純物を除去を取り除くことができます。赤ちゃんの身体に負担をかけるものがほとんど入っていない水として人気があります。ピュアウォーター以外のミネラルウォーターは、成分に気をつければ赤ちゃんに飲ませても大丈夫でしょう。

加熱処理や成分に注意

安心して赤ちゃんに飲ませることができると人気があるピュアウォーターですが、商品によっては、水本来の味を楽しむために加熱処理されていないものがあります。ピュアウォーターだからと安心せず、加熱処理されているかどうかをチェックし、されていないものは飲ませる前に煮沸しましょう。市販されているミネラルウォーターを使う時は、成分にも注意が必要です。ミネラル分を多く含むものは、赤ちゃんが飲むと胃腸でうまく吸収できないことがあるので、使うのは控えましょう。特に硬水はミネラルが多いので赤ちゃんには不向きとされています。また、煮沸させた水は常温で置いておくと雑菌が繁殖しやすくなるので、水の管理にも注意が必要です。