抱っこの負担を軽減|洗いやすいものを選んだほうがいい|ベビー布団の選び方

洗いやすいものを選んだほうがいい|ベビー布団の選び方

乳児
このエントリーをはてなブックマークに追加

抱っこの負担を軽減

家族

前抱きと多機能

赤ちゃんを抱っこする際に、体にかかる負担を軽減してくれるアイテムが抱っこ紐です。抱っこ紐には、前抱き専用のものと、おんぶや縦抱き、横抱きと年齢やシーンによって使い分けられる多機能のものがあります。それぞれに特徴があり、自分がどのような形で抱っこ紐を使用するかによって、どちらが合っているかは違ってきます。首がすわらない新生児から使用したい場合は、横抱きができるものが必要です。少し成長してから、気軽に使用したい場合は、前抱き専用のものが便利です。多機能のものは、色々なスタイルで使用でき、サイズの調整などもできるので夫婦で兼用も可能です。その反面、着脱が面倒で赤ちゃんを待たせてしまう、という難点もあります。

安全が第一

抱っこ紐は、赤ちゃんの重みを軽減できるため、子育て中は大変助かるアイテムです。抱っこしたまま、片手で荷物を持ったり、ちょっとした用が済ませられたり、長時間の抱っこも楽にすることができます。こんな便利な抱っこ紐ですが、使用する際は注意も必要です。安全に作られていますが、使い方によっては、大切な赤ちゃんに怪我をさせてしまうこともあり得ます。まず、抱っこ紐を装着する際は、バックルなどの留め忘れがないようチェックすることが大切です。また、抱っこしたままかがむ時は、手で赤ちゃんを支えて、膝を曲げてかがみましょう。前からすっぽり落ちてしまっては大変です。抱っこ紐から赤ちゃんを降ろす場合も、低い位置で降ろしましょう。安全が第一です。