洗いやすいものを選んだほうがいい|ベビー布団の選び方

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

身体への負担を考えて選ぶ

赤ちゃんに飲ませる水は、身体の負担にならない安全なものを選ぶことが大切です。ピュアウォーターやミネラルウォーターなど、水の種類は色々あります。成分を確認したり、水の管理方法に気をつけるようにしましょう。

抱っこの負担を軽減

抱っこ紐には、前抱き専用のものと、おんぶや縦抱き、横抱きと年齢やシーンによって使い分けられる多機能のものがあります。便利な抱っこ紐ですが、使用する際は注意も必要です。留め具の留め忘れがないか、手で赤ちゃんを支えているか、などチェックして使用することが大切です。

赤ちゃんと安心して暮らす

ベビーカーを購入する際は赤ちゃんの年齢にあわせて種類を選びます。A型とB型どちらのベビーカーを買うとしても、折り畳み式を選択すると持ち運びが便利です。また注目したいのがタイヤです。砂利道を通ることが多い場合はタイヤの大きなベビーカーを買いましょう。

専用のものの方が便利

眠る赤ちゃん

買うかどうか悩むもの

出産が近づいてくると、産まれてくる赤ちゃんのためにさまざまな準備を始めなければいけませんが、その時に本当にこれは必要なのだろうか、と考えるアイテムがあります。その中の一つがベビー布団ではないでしょうか。わざわざ短期間しか使えないベビー布団を数万円出して買う意味があるのかどうかというのがその悩みの原因だと思いますが、ベビー布団はちゃんと用意した方が良いと言われています。家に布団が余っていれば、それを代用すれば確かにベビー用品に掛ける費用は大きく削減することは出来ますが、特に敷布団やマットレスに関しては、赤ちゃんが寝がえりを打った時に柔らかすぎるものだと顔が埋まってしまう危険性がありますので、やはり専用のものを購入しておいた方が良いといわれています。

肌トラブルを防ぐ

また、赤ちゃんは汗をよくかきますし、大人用の布団では重すぎて負担になってしまいます。一日の大半を寝て過ごすのが赤ちゃんの仕事とも言えますので、敏感な赤ちゃんの肌に合わない布団だと、肌にトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。また、赤ちゃんはまだ力も弱いので、大人用に大きな布団をかけられてしまうとその重みが負担となってしまうこともあります。赤ちゃんの負担にならないように作られているベビー布団の方が、なにかと安心できるのではないでしょうか。購入の際には洗いやすいものを選択するようにしておきましょう。赤ちゃんは汗っかきですし、おしっこが漏れて布団が濡れてしまうこともあります。そんなときにも自宅で手軽に洗えるものの方が便利です。